注記の書体

注記に用いるフォントにはたくさんの種類があり、それぞれが個性的な特徴を有しています。また、メーカーの違いで同じフォント同士にも差が見られ、そこにもまた特徴が存在しています。

次に注記の字大について説明することにします。字大とは、文字の大きさを指していう言葉です。活字であれば、ポイントという概念が知られています。但し、ポイントは文字の大きさそのものを意味するわけではなく、正方形のフレームの長さを指して使います。ですからフォントが異なれば、文字の大きさも少しずつ異なることになります。

注記の字形について説明します。文字の形であることは説明するまでもありません。通常、文字は正方形をベースに作られています。これが正体と呼ばれるもので、他に平体、長体、斜体があります。特に斜体は頻用され、正体との区別がつきやすい字形として重宝されています。斜体には下位分類として右斜体、左斜体とがあります。字形が正体から外れたものは、総称して変形文字と呼ばれたりしますが、変形自体はワープロ等を使い、簡単に行うことできます。地図のどの部分に、どの変形文字を使うのかは一応のルールとして定まっており、水系、山系には右斜体が用いられます。ただこうしたルールも歴史の浅いものであり、今後変更される可能性は低くありません。

さて、注記の字隔について説明します。文字の形状だけでなく、文字の配置もまた、注記を考える上では大切です。一番気を付けなければならないのは、線記号や点記号、面記号の邪魔にならないことでしょう。しかし避け過ぎると、今度は注記自体が読み辛くなり、総合的には地図のレベルが下がる可能性すらあります。賢い字隔の取り方は、たとえ記号が隠されても、容易に想像できる箇所に書き入れることです。それさえ難しければ注記を省略する他ありません。

Back To Top